若ハゲとは?

若ハゲとは、10~30代に前髪から髪の毛が徐々に薄くなり、M字になることです。 またシャンプーなどで必要以上に髪の毛が抜けていったりするのも特徴です。 髪の毛が薄くなるのは50代以降が一般的ですが、若ハゲは10代後半からなる場合もあります。 一般的には若ハゲと呼ばれていますが、「若年性脱毛症」とも呼ばれています。


50代以降であれば、老化に伴い毛髪サイクルが衰えてしまい、薄毛になりますが、 20代~30代では著しい老化ではなく、明らかに毛髪サイクルに異常をきたしています。 多くの場合、若ハゲになる原因が背景に隠されており、突然なる物ではありません。 正しい治療方法、予防策をとっていれば ほぼ確実に若ハゲを遅らせたり、 治療することが出来ますので、早めの若ハゲ対策が必要です。


若ハゲの人の多くが、毛根が乏しくなり、毛の太さも細く柔らかいです。 太くて固く黒々している髪の毛も、残念ながら安心は出来ません。


頭皮の毛穴に皮脂が詰まってしまうと、炎症が起き抜けやすくなりますので、 毛が太いからハゲないとは決して言い切れませんので注意してください。


若ハゲの原因の一つとして、ホルモンバランスの崩れが原因とされています。 ホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンが過剰に分泌され脱毛に至るそうです。


ホルモンバランスの崩れは、強いストレス、睡眠時間の低下、アルコールなど、様々な原因が考えられ、ホルモンバランスを崩さなければハゲない場合が多いです。 かといって、ホルモンバランスが崩れていると言う自覚症状もないのも事実です。


男性ホルモンが過剰に分泌されると、毛深くなり、育毛も促進されると思われますが、皮脂の分泌も大量となるため、毛穴に皮脂が詰まり、角栓となり、にきびを誘発させます。 これにより、毛穴に雑菌を繁殖させて、毛が痛み細くなり、抜けていきます。


ただし、皮脂の分泌を抑えて、頭皮を清潔にすることでハゲを予防は出来ません。 ホルモンバランスが崩れるだけでも、髪の毛が自然に抜け落ちていく場合もあります。 その為、ホルモンバランスの崩れを回避することがキーポイントとなります。